みんなが”笑顔”になれる治療院

どこへ行っても改善しなかった症状が当院では驚きの改善をしています。
脳の誤作動記憶に注目した根本療法が受けられます。
心と身体の両面からあなたの根本原因にアプローチ!

初めての方はこちらへ

佐野市 頭痛でお困りの方へ

佐野市頭痛でお困りの方へ 頭痛

当ページでは、頭痛でお困りの方へその実態と当院の施術方法についてご説明させて頂きます。

頭痛は、仕事、プライベートを犠牲にするほどつらく、本当に困っている人が多いです。昨今では、子供も頭痛で悩んでいるようです。しめつけられる、ズキズキするなど人それぞれですが、頭痛のタイプによって種類の異なる頭痛であることがわかっています。また、危険な頭痛にも注意が必要です。ご自身がどの頭痛なのかがわかれば安心もしますし、対処も変わってくるでしょう。お困りの方の参考になればと思います。

当院は、栃木県佐野市で頭痛にお困りの方に対する施術を行っています。佐野市周辺地域で頭痛にお困りの方はご相談ください。

片頭痛

「頭痛=片頭痛」と思われがちですが、実は片頭痛は頭痛の中でも数%しかないと言われています。ほとんどの頭痛に悩まされている方は、緊張性頭痛である可能性が圧倒的に高いです。

片頭痛のメカニズムは諸説あり未だはっきりとしたことがわかっていません。
有力な説は「三叉神経血管説」です。
血管が収縮している状態から拡張することで、血管の周りを取り囲む三叉神経が刺激され頭痛を起こすという考えです。三叉神経は頭、顔の感覚を司る神経です。

片頭痛の特徴

・「ズキンズキン」「ドクンドクン」といった脈に合わせた痛み(拍動性の痛み)を感じる。
・どちらか片側に起こる場合が多いが、ひどい場合は頭全体に及ぶこともある。
・頻度は様々で、月に1~2回程度が多い。
・痛みの程度は日常生活に支障を来たすほど。
・頭痛前に前兆がある場合がある。その時は、目の前に明るい光の点が見えたり、半身のしびれや脱力感などが起こる。
・思春期から30代の女性に多い。(男:女=1:4)
・吐き気、嘔吐、光・音への過敏などを伴うことが多い。
・運動、入浴、マッサージでさらに悪化する。
・暗い部屋で寝ているのが楽。

片頭痛の原因

・原因不明
・ストレス
・ホルモン変化(生理に伴う場合あり。妊娠中は起こり難い。)
・嗜好品の影響(ナッツ、チョコ、赤ワイン、アルコールなど)
・不眠、寝過ぎ
・低血糖
・薬物(血管拡張剤)

当院での施術

片頭痛は、西洋医学でも原因、治療法ともに確立されていません。そのため治療は「薬物療法」です。予防薬と片頭痛が出た時に飲む頓服薬で症状を抑える対症療法が主です。

当院では、片頭痛でお困りの方には長期的で計画的な施術計画になることをお伝えしております。

片頭痛は、月に1~2回程度激しい痛みを呈するため耐え難い辛さにも関わらず、その波を過ぎてしまうと全く頭痛が出ないという人もいます。そのため、片頭痛が出た時に施術を受けるのではなく、片頭痛が出ないような身体にしていくことが重要です。それには計画的で定期的な施術が必要です。そして気づいたら何か月も片頭痛が出ていなかったとなるように体質改善を目指していきます。

 

当院の片頭痛の施術は、脳の誤作動記憶を調整していきます。

片頭痛に関係する誤作動情報を無意識に脳が学習してしまい、片頭痛になるパターンが記憶されてしまっているという考えです。

片頭痛に関係する脳の誤作動記憶が何なのかを検査し、カイロプラクティックと心身条件反射療法を用いて調整し、誤作動していない状態を脳に再学習させていきます。

脳の健全な状態が続くことで、今までの不調パターンから健全パターンへと変化し、体質改善にもつながります。さらに、人間の生まれながらに持つ治る力、自然治癒力が健全に働いてくれるようになりますので、頭痛にならないように予防してくれるとともに、片頭痛が出た時にも治そうと働いてくれるようになります。

このように脳の誤作動記憶を健全な状態に調整し再学習させ、体質改善を図るために、繰り返し施術をする必要があるのです。一回の施術で片頭痛の改善を期待されている方がいらっしゃいましたら、まずはその思考パターンの変更から入りましょう。片頭痛は治らない病気ではないと当院では考えております。

緊張性頭痛

頭痛の90%以上が緊張性頭痛と言われています。

神経系の緊張、筋肉の緊張が影響しているといわれています。

緊張性頭痛の特徴

・後頭部から頭全体にかけて「しめつられる」「圧迫される」ような痛み。
・夕方の仕事終わり頃にかけてひどくなってくる傾向。
・痛みの程度は軽度から中等度の痛み。
・頻度は月に数回~毎日の人まで幅広い。
・眼精疲労、身体の疲労感、めまい、肩こり、首こり、光・音への過敏などを伴う。
・入浴、マッサージ、睡眠で軽減する。
・デスクワーク、まじめ、神経質、几帳面な人に多い傾向。

緊張性頭痛の原因

・ストレス
・過労
・睡眠不足
・鎮痛剤の乱用
・アルコール

当院の施術

緊張性頭痛は、筋肉の緊張、神経の緊張により起こります。

そのため緊張性頭痛は、マッサージをしてもらうと楽になる場合があります。緊張した筋肉を押してもらいリラックスしてくると楽になるということです。しかし、それは症状を抑えただけの対処療法ということになります。

筋肉が緊張してしまった原因を当院では調整して行きます。

筋肉は、神経の命令で緊張と弛緩を繰り返します。神経の興奮状態が続けば、筋肉は緊張が続いてしまいます。神経の興奮状態が続いてしまうのは、神経系が誤作動しているからなので神経系の調整を行います。

また、神経系が誤作動しているのは、さらにその背景にあるストレスが原因が考えられます。アルコールや喫煙といった原因も考えられますが、アルコールを適量以上に飲んでしまう背景にはストレスが関係している場合が多いです。

当院では、根本原因は脳の誤作動記憶にあると考えていますので、緊張性頭痛の原因に関係する脳の誤作動記憶が神経系、メンタル系、エネルギー系などどこにあるのかを検査し、調整することで、無意識に学習した不調パターンから健全な状態にしていきます。その結果、自然治癒力が症状を改善してくれます。

緊張性頭痛は、週に数回または平日毎日のように日常的に頭痛に悩まされている人が多いです。そのため「自分は頭痛持ちである」と思い込んでしまっている人も少なくありません。計画的な施術で今までの自分とさよならしていきましょう。

群発性頭痛

群発性頭痛は、片頭痛と同じタイプの症状を呈しますが、毎月ではなく年に1~2回群発期に連日起こることが特徴です。

群発性頭痛の特徴

・「えぐられる」「突き刺す」ような激痛で、頭を抱えて転げまわる程。
・目の奥や上、こめかみに痛みを感じる。
・年に1~2回、1~2ヶ月間、1日1時間程度、連日起こる。
・一定の時間に起こり、睡眠中でも起こる。
・男性に多い。
・目の充血、涙目、鼻づまり、眼瞼下垂、無汗などを伴う。
・遺伝性がない

群発性頭痛の原因

・原因不明
・アルコール
・たばこ
・ストレス
・入浴
・低気圧

当院の施術

片頭痛の当院の施術を参照

頚椎原性頭痛

頚椎原性頭痛はあまり聞きなじみのない頭痛だと思います。首から頭蓋骨(硬膜)に伸びる組織が原因で脳に緊張が起こり誘発する頭痛と言われています。首を動かしたりすると頭痛が誘発される頭痛です。

頚椎原性頭痛の特徴

・頚椎の動きに伴って頭痛が増加。
・鈍く締め付けられる痛み、疼くような痛み、拍動性のこともある。
・薬が効かない
・起床時や日中時間が過ぎるにつれ悪化してくる。
・肩こり、首こり、めまい、かすみ目、集中力低下などを伴うことがある。

頚椎原性頭痛の原因

・頚椎の機能障害
・変形性頚椎症
・不良姿勢
・ストレス
・首こり、肩こり
・顎関節症

当院の施術

カイロプラクティックは、頚椎原性頭痛を得意としています。ボキボキして頚椎を調整することに抵抗を感じる人は多くいらっしゃいますが当院はカイロプラクティックのなかでも低刺激のアクティベータメソッドを用いますので、ボキボキすることなく神経系の調整をし頚椎の状態を改善させていきます。

頚椎の細かな調整ができるのはカイロプラクティックの特徴です。ご相談ください。

危険な頭痛

頭痛でも裏には重篤な病気が潜んでいる場合があります。
くも膜下出血、脳出血、脳腫瘍など脳の病気に伴う頭痛はとても危険です。

危険な頭痛の判断

・「バットでなぐられたような」今までに経験したことのない程の激痛。
・突然起こる激痛。
・発熱、吐き気、嘔吐、意識障害、精神障害、麻痺、痙攣が伴う。
・寝ても強さが持続する。
・著しい高血圧

いつもの頭痛だろうと思い込まず、普段と違う頭痛だったり、何か他の症状を伴う場合には、一度病院へ診察に行かれることをおすすめ致します。30歳を超えて初めて起こる頭痛も注意が必要と言われています。安全第一で、病院で検査し何も問題がなければ、当院の施術も安心して受けることができます。その時は、安心・安全・効果的にあなたの健康をサポートさせて頂きます。

 

まとめ

頭痛1つを取っても様々な病態があります。アプローチを間違えば悪化してしまうこともあります。通常医療(病院)では、予防薬や頓服薬といった薬物療法による対症療法が主になってしまうため根本的な改善が見られず不満を抱えている方が当院のような民間療法を選択されるケースがあります。

危険な頭痛、その他の頭痛のタイプを鑑別して、病院へ行ってもらうのか、施術しても大丈夫なのかを判断してから施術をしてくれる整体院・治療院を選択しましょう。

簡単なまとめとして、

片頭痛は、月に数回、脈打つような頭痛で、温めたり運動すると悪化するため暗い部屋で安静にしていたい頭痛です。

緊張性頭痛は、週に数日連続し、しめつけられたり重いような感じの頭痛で、温めたりマッサージしたりリラックスすることで改善する頭痛です。

群発性頭痛は、年に数回群発期があり群発期には連日片頭痛のような頭痛です。

頚椎原性頭痛は、頚部の動作にともなって悪化する頭痛です。

危険な頭痛は、バッドで殴られたような急激な頭痛が出たり、吐き気や意識障害を伴う頭痛です。背景に病気が隠れているので緊急の治療が必要になりますので、救急またはすぐに病院での診察を受けましょう。

当院では、危険な頭痛に注意し、安心安全に施術が行えるよう問診表の記入から重要視しています。施術は、脳の誤作動記憶に注目し、神経系、メンタル系、エネルギー系など人間の身体をコントロールする系を調整し、不調パターンから健全なパターンへと調整していきます。計画的な施術が健全なパターンを学習せ、体質改善につながります。

頭痛にお悩みの方は、計画的な施術をご検討ください。

予約電話番号0283-22-8881