栃木県佐野市のカイロプラクティック治療院

問い合わせ
予約
LINE

施術方法について

施術は、私とあなたとの共同作品です。

あなたは今まで病院や他の療法で症状が治らなかったと悩まれていると思いますが、もしかしたら、施術者からの一方的な施術を受けてきたのではないでしょうか?

・医師が言うから考えることなく薬を飲んでいた。
・施術者が言うから姿勢が悪いと思い込んでいた。
・筋肉が硬いと言うから毎週マッサージを受けてきた。

施術者からの一方的な施術は、軽い悩みであれば問題なく効果が上げられます。
どこへ行っても治らないような症状は、共に力を合わせなければ効果が出ません。
症状という課題は、あなたが持っています。
私は、あなたの課題を知らずにサポートすることはできませんので、色々質問し把握しようとします。
また、あなたも原因の説明に納得し、施術に納得する必要があります。
ただ受けるだけでは、どこへ行っても治らない症状は治りにくいのです。

お話しを聞きながら、私にできることを伝えながら、そして、実際に一緒に施術をしてみながら、あなたの目指すゴールへと未来を創造していきます。

カイロプラクティックは「アート」だ、と言われます。
ボキボキする技術が美しいということではありません。
クライアントの人生とカイロプラクターの人生が重なり合い、共に描く作品のようだからです。
どんな作品を作り上げるかも一緒に決めていきましょう。
ここでは、私が行う施術についてお伝えしていきます。

施術方法について

当院の施術はとてもシンプルです。

シンプルな理由は、本質的だからです。

検査刺激を加え、誤作動信号を引き出し、陽性反応なら調整刺激を加え、誤作動信号を健全な信号に切り替えます

脳も心も体もどこも同じ原理です。
立派な機械による電気刺激もいりません。
無理やり捻るような強い刺激もいりません。
パフォーマンスに見えるような派手な矯正もいりません。

「刺激」を加えて、あなたの体が何と返してくるのかを評価し、誤作動を調整します。

最高品質のお米には、味付けもおかずもいらない。
派手な味付け、映える食事を好む方は、それにマッチしたお店を選ぶべきです。
私の目的は、本質的な方法で、あなたの人生を今より必ずより良いものにすることです!
先生に出会えて本当に良かったと言ってもらえることが最高のご褒美です。

刺激の重要性

生活をしていると様々な刺激を受けています。
音、光、天気、気温など様々です。
会話や本の情報なども情報刺激です。

「刺激=信号」です。
治療の刺激には、検査のための刺激調整のための刺激があります。

どちらも、どこにどんな刺激を入れるかが重要です。
そして、あなたの体がどう反応したかを検査します。
押したり、引いたり、圧迫したり、持続圧をかけたり、心の信号の検査では、質問刺激やイメージ刺激、認知刺激なども用います。

あなたの体がどう答えるのか

検査刺激の結果を「体に聞く検査」で紐解いていきます。
誤作動信号の異常があると、足がズレたり、力が入らなくなったりします。

あなたの体が教えてくれた反応に従って調整します。
施術者が勝手に施術ポイントを決めていくと、受け手の体はそれを求めていない場合があります。
すると、症状は変わらないか、最悪な場合は悪化します。
治療しているのに悪化していたら本末転倒ですね!

具体的な施術テクニックについて

アクティベータメソッド(カイロプラクティック)と心身条件反射療法を使用します。
アクティベータメソッドは、
体の誤作動信号を特定し、アクティベータ器で、優しくかつ高速の刺激を加えて調整します。

心身条件反射療法は、
主に心の誤作動信号を特定し、認知刺激と振動刺激を加えて調整します。

具体的な方法については以下をご覧ください。
アクティベータメソッドとは?
心身条件反射療法とは?

認知調整法について

イップス、ジストニア、自律神経失調症、メンタル症状など、病院では原因不明の症状には、心の誤作動信号を特定し調整する認知調整法を使用します。

心身条件反射療法のページでも説明していますが、ここでも解説します。

認知調整法は、あなたの無意識の心の信号を特定する手法です。

無意識の心なので普段から考えているようなことではないかもしれません。
少し難しく考えてしまう方もいますが、簡単です。

チャートを使った検査をして、陽性反応を示したキーワードから自分探しをします。

例えば「警戒心、仕事」で陽性反応を示したとします。
仕事をしている風景を思い出しながら、何を警戒している自分がいるか探します。

難しければさらに詳細にします。
人間関係のことですか?
仕事内容のことですか?
仕事の結果のことですか?

こんな質問をして進めます。

仮に、「人間関係」で反応した場合。
「仕事で誰かを警戒している」ことが誤作動しているとわかります。

続いて、
特定の人ですか?
グループ、全体ですか?
と、質問をしていきます。

ここでは、「特定の人」で反応したとしましょう。
仕事で関係する人を適当にイメージして検査します。
「ある特定の上司」で反応したとします。

そしたら、「特定の上司に対する警戒心」を探します。
例えば、ミスをして怒られることを警戒しているとします。
さらに深くが反応した場合、ミスをして怒られるとどうなると警戒しているかを探します。
ミスをして上司に怒られたら評価が下がって今後の給料に影響することを警戒しているとします。

つまり最終的には、ミスをして上司に怒られ、給料が減ることを警戒している自分がいることが誤作動信号だとわかります。

ここで重要なことは、陽性反応を示した内容にジャッジメントしないことです。
誰しもが持つ当たり前の感情や思いなので、それを良い悪いとジャッジしません。
ただただ、「そういう自分がいる」と認知することが刺激になります。
症状と関係していたんだと認知することが刺激になります。

認知刺激と振動刺激を加えて誤作動信号を健全な信号に切り替えます

このように症状と関係した心の誤作動信号を特定し、健全な信号に切り替えることで、自然治癒力は高まり、症状を改善してくれます。

病は気から

ストレスが病気の原因になる。
調子悪いと思っていると本当に悪くなってくる。

このようなことは昔から言われてきましたし、医師も言っています。
しかし、病院ではこのような症状に対処できていません。
医学では心は最後に考えろと言われ、体の構造から原因を探します。
しかし、私たちの病気、症状の原因が構造にあるケースは少ないです。

目に見えない信号、目に見えない心の信号が影響しています

まとめ

このような施術を症状のレベルに合わせて実施していきます。
または、あなたの興味に合わせて選択します。

声が出にくい発声障害をアクティベータメソッドだけで治すことはできません。
昨日痛くなった腰痛に心の信号から見ていく必要もありません。

急性痛だから心が関係しないわけではないですが、最適なアプローチをしていきます。
あなたが心の信号を信じられない場合も、認知調整法をする必要はありません。
できることで改善を目指していきます。

どの治療をするかについては「コースと料金」のページでも説明しています。
合わせてご覧ください。
その前に、よくある質問に対する回答ページを作成しています。
あなたの今と同じ疑問、不安を持たれている方は大勢います。
そちらも目を通してみてください。

「よくある質問と回答」はこちら

PAGE TOP