無意識に湧き上がる「恐怖」!!腰痛にも関係するのはなぜ?

突然の恐怖と腰痛の関係性 腰痛

こんにちは。栃木県佐野市整体院のバースデーカイロプラクティック篠崎です。

 

今日の出勤中に前を走る車の後部座席に

こんな仮面が後続車方向へ掛けてありました。

 

 

 

白い仮面

 

 

 

「恐っ!!!」

 

朝からビックリさせられました!

 

でも、これってただのお面ですよね。

これと同じ。

全然、恐くないはず。

アンパンマンお面

 

でも、ほとんどの大人は白い仮面を見たら

「恐い」という感情が浮かぶと思います。

 

これはなぜかというと、

今までに経験し、記憶された情報が関係しています。

 

 

これらの映画は見ていないにしても、何となくホラー映画は、

「恐い」「驚く」「悪いことをする奴」などある程度は知っていると思います。

 

「仮面を見る」と、

あなたの脳の中は、

瞬時に、

処理が行われ、

記憶されている情報と結びつけ、反応を出します。

 

「仮面を見る」→「映画」→「悪い奴」→「襲われる」→「恐い」

 

私はこんなスイッチが入って「仮面を見た瞬間に」「恐い」と反応したと思います。

 

脳は自分の意思とは関係なく、自分の脳に眠っている無意識の情報と結びつき反応します。

この回路が繰り返し刺激されると、その反応速度はあがり、反応が起こりやすくなります。また、他の神経回路とも結びつく可能性があり、さらに反応しやすくなります。

 

これを「腰痛」に置き換えてみると

「腰痛」という反応が出る原因を探っていくことができます。

 

腰痛→腰を反らすと痛い→怒り

怒り→仕事をさぼる友人→仕事はさぼってはいけないという自分の信念

 

「怒り」という感情と

腰痛の痛み、友人が仕事をさぼる、が関係し合って誤作動スイッチになってしまうと、その友人を見ただけで腰痛になってしまいます。

また、この誤作動スイッチが入り続けていると、仕事をしたり、仕事に行く前に痛みが出やすかったりしてしまいます。

仕事に行く前ということは腰痛を朝感じるわけなので、

その場合、腰痛患者さんの多くが布団が原因と思い込みます。

 

「私の腰痛は布団が合わないからなんじゃないのか」

 

こう思うようになり、高い布団や枕を買ってしまいます。

 

でも結局、腰痛は治らない。

 

高い布団や枕を買った自分への怒り

高い布団や枕を売りつけた店員への怒り

高い布団や枕のメーカーへの怒り

 

再び「怒り」と結びついてしまいました。

 

このように、人間の脳は無意識にある情報とある情報を結びつけ、誤作動のスイッチになってしまうことがあります。

 

腰痛でストレッチをしても変わらない

腰痛ベルトをしても変わらない

腰痛筋トレをしても変わらない

腰痛体操しても変わらない

 

もう何が何だか腰痛の治し方を誰か教えてくれーーーーー!!!

 

と叫びたくなっている人は、当院の脳の誤作動記憶調整で改善が期待できるかもしれません。

 

一般的な整形外科、接骨院、整体では扱わない本質的な施術です。

私はサポーター、治すのはあなた自身。

誤作動はあなたの脳で起こっています。

あなたが誤作動スイッチを探しに行かないとみつかりません。

ですから、従来の受け身の施術を希望される方には不向きです。

あなたには、治る力が備わっています。

 

信じるか信じないかで道は変わります。

あなたはどうしたいですか?

腰痛
birthday-chiroをフォローする
スポンサーリンク
腰痛 肩こりで佐野市の整体院をお探しの方へ|Birthday