みんなが”笑顔”になれる治療院

どこへ行っても改善しなかった症状が当院では驚きの改善をしています。
脳の誤作動記憶に注目した根本療法が受けられます。
心と身体の両面からあなたの根本原因にアプローチ!

初めての方はこちらへ

佐野市 首の症状でお困りの方へ

肩こり・首の痛み
首の症状から整形外科での診断、当院での施術方法までをお伝えしていきます。
首の症状に悩む方はご覧下さい。

首の症状とは

首の症状は、人それぞれ場面や痛みの病態が色々あります。

例をあげていきます。

・パソコンを長時間していたら首が痛くて上を向けない

・朝起きたら首が痛くて動かせない(寝違え)

・仕事が終わる頃に首が痛くて回せない

・交通事故後に首が痛い(ムチウチ)

・首を動かすと手がしびれて力が入りにくい(頚椎ヘルニア)

・首が勝手に回ってしまう(ジストニア)

このように首の症状は、疲労によるもの、事故による損傷、脳神経系の異常、疾病がかくれているものなど様々です。

首が痛いからちょっと揉んでもらおうと気軽にマッサージにいって押してもらうのは危険です。病院へまずは行くか、問診をして、検査をして、安全を確認してから調整をおこなってくれる治療院を探しましょう。どうやって探せば良いかわからない場合は当院へご来院ください。

首の構造

首(頚椎:けいつい)は、7つの骨、その間の椎間板、靭帯、筋肉などが付着し、前弯という前方凸のカーブがあり、頭を支える重要な部分でありながら可動域が大きい構造です。振り向き動作や首を反らす動作が得意な関節をしています。

また、腕に伸びる神経の分岐点でもあり、首が原因で腕に症状を出す場合もあります。

さらに、脳へいく血管や血圧を調整する受容器があったりする大事な部位です。やたらと首をボキボキする行為は、すっきり感がある一方で危険です。

ストレートネック

首や肩が痛くて整形外科を受診すると日本ではほとんどの場合レントゲンを撮られます。その時に、本来ある頚椎の前弯が減少している画像が撮れたりすると、それをストレートネックと呼びます。

現代人は、パソコンやスマホ、ゲームなどの普及で下を向いていることが増加したため構造的に前弯減少の傾向にあるようです。

ストレートネックは、首、肩に負担がかかると考えられ、それが原因で首の症状が出ていると言われがちです。しかし、ストレートネックは、パソコンやスマホなどで起こったのか生まれつきの形状なのか判断はできませんので原因とは言い切れません。

「ストレートネックで猫背」をどこの整体院にいっても、整形外科に行っても原因にされがちですが、見た目の構造だけが原因になることはないと考えてください。なぜなら、猫背にならないで生活なんてできないからです。構造を理由にする整体院や病院では、症状が治らないと、また不良姿勢に注意していないから首の症状が悪くなったとか治らないんだと言いがかりをつけられます。ご注意ください。

当院の施術

当院では、ストレートネックを治す治療は行いません。なぜなら原因ではないからです。ストレートネックであっても人間をコントロールする機能が健全であれば首の症状は改善されていきますからご安心下さい。

他の整体院や病院でストレートネックと言われた方に当院では、何が首の症状に関係しているかを問診からしっかりおこない検査、施術とおこなっていきます。整形外科でストレートネックが原因と言われた場合は、骨にも異常がない、他の重要な部分にも異常がない安心できる首の症状なんだと思って、安心して当院の施術を受けてください。

当院では、カイロプラクティックと心身条件反射療法を用いて脳の誤作動記憶を調整していきます。

いつもパソコン作業をされている人を例にすれば、いつも同じパターンで仕事や生活をするために脳がその不調パターンを無意識に学習してしまい神経系、エネルギー系などに誤作動が起こっている可能性が考えられます。また症状が慢性化されている方や繰り返しなるような方であれば、メンタル系の誤作動が関与している可能性が考えられます。

本来の健全な機能が改善されてくると人間の持つ治る力が勝手に症状を治しにかかってくれます。風邪を引いた時治ってしまうのはその力のおかげです。

整形外科などでストレートネックと診断され症状が改善されない方はご相談下さい。

頚椎椎間板ヘルニア

頚椎は、7個の骨(椎骨:ついこつ)からできているとお話しました。その椎骨の間にあるクッションの役割をするのが椎間板です。

椎間板は、重さや負荷を吸収してくれる役割があるため、水分とコラーゲンでできています。椎間板の中心には、髄核(ずいかく)があり椎間板に強さを与えてくれています。クッション作用のある椎間板が何かの負荷により飛び出すことをヘルニアと呼びます。頚椎(首)で起これば頸椎椎間板ヘルニアです。腰椎で起これば腰椎椎間板ヘルニアです。

最近では、ヘルニアで症状を呈する人は数%しかおらずほとんどの場合は、免疫系に関与しているマクロファージが貪食してくれるため数ヶ月のうちにヘルニアは無くなるといわれています。

しかし、古い考えでは、ヘルニアが神経を圧迫し症状を呈すると言われて来ました。それが現在では一部のケースでしかなくて、MRI画像で発見されたとしても症状の原因とは言えないとされてきています。

栃木県佐野市バースデーカイロプラクティック頚椎ヘルニア画像

頚椎ヘルニアの症状

頚椎ヘルニアが問題で起こる症状は、腕や手のしびれ・痛み 、左右の感覚が違う力が入りにくくなります

当院に首の痛みで来院される多くの方が、整形外科に行って一度は、頚椎ヘルニアと診断されているようです。しかし、そのほとんどが腕や手への症状が無く、首が痛かったり、凝った感じがしているだけです。MRIも撮られることなく頚椎ヘルニアと診断されているケースも多いようです。

整形外科を受診すると日本では必ずと言っていいほどレントゲンを撮影します。海外では、レントゲンを撮る必要がない人に撮影を行うことはありません。

ヘルニアは、レントゲンで映し出されることがありません。なぜなら、椎間板のほとんどは水分でできているためレントゲンでは撮影できません。ヘルニアだと確定診断をする場合にはMRIを撮る必要がありますが、それもまた最近では画像だけでは原因とは言い切れないとされてきています。

また、年齢を重ねるごとに椎間板の水分量が減ってきますので、30歳以降のヘルニアは減少してくると言われています。しかし、何歳になっても「私はヘルニア持ちなんです。」と喜ばしいことのように教えてくださる方もいます。その場合は、私はヘルニア持ちだという情報が身体に誤作動情報として関係している場合が多いです。

もしMRIを撮らずに頚椎ヘルニアの診断を受け、改善が長引いている場合は、信頼できる整形外科を探し、もう一度診察を受けてみてください。

頚椎ヘルニアの治療(病院)

整形外科の第一治療は、保存療法が行われます。

鎮痛剤などの薬物療法、海外では一切行われていないという牽引療法などをおこない経過観察をしていきます。治りの度合いにより神経根ブロック、手術へと進んでいくようです。どれも症状を消すことが目的の対症療法なため、注射をした時、薬を飲んだ時は良いんだけどまたすぐ出るという悩みをもたれるようです。

当院の施術

当院では、ヘルニアを凹ます目的ではなく、症状改善のための根本原因にアプローチする施術を行っていきます。頚椎椎間板ヘルニアと診断されているため、直接頚椎を触られるのが不安な方もいらっしゃると思いますが、当院では、ボキボキする矯正や首を強く押す施術は行いませんので、不安なく受けて頂けます。

 

では、どんな施術の考え方であり、流れなのかを説明していきます。

 

頚椎椎間板ヘルニアは、ヘルニアが神経を圧迫することで神経症状を呈するといわれていますが、ヘルニアがあり神経を圧迫していても全ての人が症状を呈するわけではありません。また、腕、手のしびれといった症状、筋力低下、反射異常などの神経症状を呈していないのに、首が痛いだけで診断されている方もいらっしゃいます。

つまり、構造的な異常が症状とイコールではない可能性があります。

そして、改善していくためにはどんな場合においても心身のバランス、ご自身の治癒力が症状を改善してくれます。

首に負担が掛かって頚椎椎間板ヘルニアになっているとすれば、その負担を改善してあげなければ再発する可能性が高くなりますし、改善しにくいわけです。

施術の流れは、まずはお話を伺いますので、症状部位、症状が強くなる時、弱くなる時など症状について教えてください。その後、症状の誘発検査、神経学検査など必要なものをおこないます。さらには、身体全体の神経系の検査をおこない、首への負担の原因を探していきます。施術は、アクティベータ器を利用して心地よいくらいの強さの振動を与え、神経の調整をおこない、本来の身体の機能を取り戻すように調整していきます。また、神経系の異常には、脳の誤作動も関係してきますので、改善しにくい方やメンタル・思考といった心と身体の関係性に興味のある方には、脳の誤作動記憶の調整もおこなっていきます。

このように、心と身体のバランスを調整し、首への負担を減らす身体作りをするとともに、ご自身の持つ治癒力を高め、症状改善を目指していきます。

人間の構造面だけに目を向けた治療では効果が期待できない、効果を得られていない方がたくさんいる理由には、人間は構造だけでなく機能面、そして、目には見えないエネルギー面、思考面が身体に影響しているからです。

その人に合った施術を身体の反応を診ながらおこなっていきますので、わからないこと、不安なことがありましたら質問をすぐにしてください。不安を取り除きながら前に進んでいきましょう。

ムチウチ

交通事故、スポーツなどで首に強い衝撃がかかった結果、首の靭帯、筋肉、関節を痛めた状態です。

当院の施術

病院での固定が取れた後には、本来の機能を取り戻していく必要があります。そのためには、身体をコントロールしている神経系を健全にする必要があります。当院の施術は、むち打ち後でも安心して受けられるソフトな調整法です。無理やり首を押したり、ボキボキしたりせず、神経系の調整をおこなっていきます。

また、ムチウチは治らないというイメージを一般の方はお持ちのようで、何年も経った後の首の痛みを事故でのむち打ちが原因と思い込んでいる人もいます。

しかし、人間は治る力を持っていますので、筋肉、関節が損傷しても回復しますし、靭帯がもし伸びてしまっても周囲の筋肉群が支える事で症状は起こらなくなります。回復するためにはご自身の治癒力が必要です。また、筋肉が弱くなった靭帯を支えるためには、健全な神経機能が必要です。

神経機能が低下していたり、過剰になっていたりすれば、健全な機能は保たれずどこかに負担となり首の痛みを呈することになります。

当院では、症状に焦点を当てるのではなく症状の原因に焦点をあて調整を行っていきます。

何年にも渡って症状を抱えている場合は、脳の誤作動が起こっている可能性があります。無意識的に記憶してしまった脳の誤作動記憶を身体の反応で検査し、調整することで、慢性化した首の痛みも改善する可能性があります。首の痛み、むち打ちでお困りの方は一度ご相談ください。

寝違え

寝違えは一般的に、朝起きた時に首が痛くなっていたり、午前中に首の痛みが出たりすると言われる場合が多いです。

普段は大丈夫なのに、突然起こる寝違え。

寝違えが起こると多くの人が、枕や布団、寝相が原因と思ってしまいます。

しかし、心と身体のバランスが取れている人は、床で寝ても、ソファーで寝ても、どこで寝ても寝違えることはありません。

当院の施術

寝違えは、筋肉が過度に伸張または収縮してしまった結果ですが、その原因を当院では、脳神経系の誤作動と考えています。

脳神経系が睡眠中も筋肉をはじめとする身体の状態をコントロールしてくれているため、脳神経系が機能低下した状態では、寝違えを起こす可能性があります。寝違えた場合、痛い筋肉を調整するよりも脳神経系の調整をおこなえば、筋肉を正常な状態にしてくれますし、痛みを改善するための治癒力も働いてくれます。すぐに痛みが改善する場合もありますし、数日で改善する場合もあります。

痛みがあるときに、強い刺激や痛い筋肉を押すことは抵抗があると思います。当院の低刺激で安心、安全な施術も検討してみてください。

椎間関節症候群

椎間関節とは

椎間関節は、背骨の椎骨と椎骨の間の後方関節です。頚椎の椎間関節は、斜め45°方向に関節ができているのが特徴で、回旋運動を得意とします。さらに、屈伸運動も比較的できます。そのため、首は回したり、上下したり色々な動きが可能なのです。

椎間関節症候群とは

椎間関節症候群は、椎間関節が原因で症状を呈する場合を言います。頚椎椎間関節症候群の特徴は、首を伸展させた時に頚部痛が起こることです。少し首を回旋させて伸展させても症状が誘発されやすいです。椎間関節内の軟骨が首を伸展させることで挟みこまれて痛みを出すと考えられています。さらに、椎間関節に分布する神経と上肢や背中に分布する神経が同じ神経領域に収束(集まる)することから椎間関節症候群による上肢痛というものも考えられます。

椎間関節症候群とヘルニアによる上肢痛の違いとは

これらの違いは、症状部位の検査によって鑑別することができます。

ヘルニアの場合は、神経が直接圧迫されることで、圧迫された神経が分布する上肢に症状を呈します。そして、症状は、痛み、しびれ、感覚異常、運動障害がでます。

椎間関節症候群の場合は、神経が直接圧迫を受けているわけではないので、痛みや感覚異常、運動障害はでないで、しびれる感覚だけを感じます。しびれる部位を触っても感覚異常がないのです。

当院の施術の特徴

当院では、椎間関節症候群に対して、原因となっている神経系の調整をおこなっていきます。

頚椎を伸展、または回旋させ伸展させたときに椎間関節に負荷が掛かりすぎる原因を探し調整します。また、心の構造にも注目した施術をおこなう場合もあります。脳の中で誤作動をしている場合もあるためです。これは、思い込みではなく、患部には問題ないのに痛みが出るケースです。脳が痛みを記憶してしまい頭の中で症状が誘発されているケースです。これに関わる心の構造をみていきます。昨今では、腰痛の原因は脳にあるという考えがわかりはじめています。痛み全般が構造異常で語ることの限界がわかってきたということです。機能異常、心のバランス、心と身体の関係性などに目が向くようになってきています。

慢性症状、繰り返す症状でお悩みの人は、椎間関節症候群性腰痛を心と身体のバランスから診て行きませんか。お気軽にご相談ください。

ジストニア

作製中

まとめ

首の症状は、回せない、上下できない、固定されてしまうなど人それぞれですが、多くの人が悩んでいる症状でもあります。

疲労によるものから、事故、疾病、ストレスによるものなど様々です。

整形外科や整体院などでは、首の構造が原因と考えられやすいですが、構造を改善させることは容易いことではありません。もしかしたら、生まれ持った形状なのかもしれません。そうなると構造を変えることはできないのです。

しかし、当院では、根本的な原因を脳の誤作動記憶と考え、脳が無意識に学習してしまった不調パターンから健全なパターンに改善されていけば、人間の持つ自然治癒力が勝手に働いてくれて首の症状は改善すると考えています。

栃木県佐野市周辺、または遠方でも首の症状で本当にお困りの方は、当院へご相談ください。

予約電話番号0283-22-8881