信頼出来る治療院の選び方

カイロプラクティックの場合
WHO基準のカイロプラクティック
・海外のカイロ大学で学位を取得
・日本のカイロ大学で学位を取得(RMIT大学/現TCC:東京カレッジオブカイロプラクティック)

WHO(世界保健機関)は、2006年にカイロプラクティックの基礎教育と安全性に関するガイドラインを発行し、安全で効果的な施術を行うために必要な最低限の教育基準などを提示しました。

このガイドラインによると、カイロプラクティックの業務を行うためには4~7年の全日制での専門学習が必要で、最低1000時間の臨床教育を含むこととされ、教育内容には人体解剖学や病理学など基礎医学的知識において医学部と同等レベルの内容が必須とされています。

これに対し日本では数週間~2年の短期養成校がほとんどです。実際に私も2年間のカイロ学校を出ているので内容がどのようなものかわかっております。WHO基準の教育プログラムには到底間に合わないカリキュラム内容です。

信頼できる治療院のチェック項目
問診表がある。
問診、検査を重要視し、原因の説明をしっかりしてくれる。
悪いことばかりを指摘せず、改善するためのアドバイスをくれる。
施術計画を説明してくれる。
質問は何でも答えてくれる。
施術方法をクライアントに合わせて選択してくれる。

信頼できる先生は、クライアント思いで、科学的・医学的根拠に基づいて説明してくれます。
そして、最良の施術計画で改善まで導いてくれます。

こんな治療院は危険かも・・・

アメリカで学んだカイロプラクターが施術を行います。と謳っている。
アメリカで何を学んだのかははっきり書いていないためカイロプラクティックを学んだのかは不明です。
アメリカのカイロ大学を卒業した先生は、D.C.(ドクターオブカイロプラクティック)の資格を掲載しているはずです。
実際、世界で問題になっているのが日本の国際基準ではないカイロ学校を対象にアメリカのカイロ大学が解剖実習だけをさせて終了証を出しているケースです。これはビジネスのために行われています。これを終了するとアメリカ〇〇大学カイロプラクティックコース終了と掲載して、あたかも卒業したかのように書く先生がいるので注意して下さい。

一発で治ります。ガンを治しました。なんでも治りますと謳っている。
マクラや布団など物品を売りつけてくる。
問診、検査をせずに、とりあえず寝かされ施術が淡々と行われ終了する。
一般人向けに、明日からカイロプラクター、整体師になれるとセミナーを開催している。
雑誌に芸能人と掲載され、芸能人が通うお店、取材に来た店のようにみせている。
国家資格保持者がカイロプラクティックを行いますと謳っている。
⑦は、一見安全そう、しっかりしてそうと思ってしまいますが、カイロプラクティックは日本では国家資格ではありません。
柔道整復師、鍼灸師、あマ指、理学療法士といった国家資格者がカイロプラクティックの看板を掲げた場合に謳います。国家資格者がカイロプラクティックを行うことが安全ではありませんし、医師がカイロプラクティックを行うことも安全ではありません。
国際基準のカイロプラクティック教育をクリアした者がカイロプラクティックを行うのが一番安全です。

消費者を騙すような文言を使う治療院は何か問題があります。気をつけましょう。

治療院情報

327-0002栃木県佐野市並木町1774
0283-22-8881
営業時間:9:00~19:00
(19:00~予約可能)
休院日:日曜日