♦ 上肢症状が改善したクライアント様の声

 

上肢しびれ

上肢しびれと言ったら「頚椎椎間板ヘルニア」と思われがちですが、筋肉・関節からの関連痛、末梢神経絞扼によるしびれもあります。それぞれご説明していきます。

頚椎椎間板ヘルニア

背骨1つ1つを椎骨と呼びます。椎骨と椎骨が積み重なり背骨は形成されています。その椎骨と椎骨の間になるクッションが椎間板です。椎間板が飛び出すことをヘルニアと呼びます。頚椎(首)で起これば頸椎椎間板ヘルニアです。腰椎で起これば腰椎椎間板ヘルニアです。

栃木県佐野市バースデーカイロプラクティック頚椎ヘルニア画像

症状は、腕や手がしびれる・痛む左右の感覚が違う腕や手に力が入りにくい症状です。

多くの頚部痛患者さんがヘルニアと診断されているようですが、MRIを撮られていないで診断されている場合があります。
X線画像で椎間板の高さが狭くなっていても、ヘルニアの確定診断にはならないのです。お年を重ねる毎に椎間板内の水分量が減少するため狭く写るからです。
そのため、MRIを撮り、症状の部位、神経学検査を行っていく必要があるのです。
もしMRIを撮らずに頚椎ヘルニアの診断を受け、治療を長く受けていても改善がみられない方は、信頼できる整形外科を探し、もう一度診察を受けてみてください。

整形外科の第一治療として保存療法が行われます。
鎮痛剤、牽引などから始まり、神経根ブロック、手術へと進んでいくそうです。

当院では、ヘルニアを凹ます目的ではなく、症状改善には当院の治療も効果が期待できます。頚椎への負担を減らすための施術を行っていきますので、直接頚椎を触られるのが不安な方にもお手伝いが可能です。 当院でも検査を行い、原因を確認し、安全な方法で改善を目指します。
整形外科では手術を宣告されたが、どうにか手術は免れたい方や頚椎ヘルニアと診断されたけど首が凝るだけで腕や手への症状は何もない方などカイロプラクティックで改善を図りたい方はご相談下さい。

トリガーポイント:筋肉からの関連痛

栃木県佐野市バースデーカイロプラクティックトリガーポイント画像

椎間関節症候群:関節からの関連痛

末梢神経絞扼によるしびれ

胸郭出口症候群(斜角筋症候群、肋鎖症候群、小胸筋症候群)

胸郭出口とは、鎖骨と肋骨周囲を呼びます。
胸郭出口は、腕や手に向かう神経や血管が通る大切な場所で、胸郭出口で神経や血管が圧迫を受けると、腕や手の痛み、感覚異常、血行不良、運動機能低下などの症状が起こります。
圧迫される部位によって、斜角筋症候群(しゃかくきんしょうこうぐん)、肋鎖症候群(ろくさしょうこうぐん)、小胸筋症候群(しょうきょうきんしょうこうぐん)に分類されます。
胸郭出口症候群は、女性に多く、理由として鎖骨の長さ、肩幅の狭さが関係しています。
その他、バックを肩にかける、頭上の持続作業が多い、なで肩などの人に多く起こると言われています。

肘部管症候群

肘部管とは、肘の内側につく筋肉が作るトンネルを呼びます。
肘部管は、尺骨神経という薬指と小指に向かう神経の通り道になっています。そのため、圧迫を受けると薬指や小指の部分にしびれや痛み、感覚異常、運動機能低下を呈します。

ギオン管症候群

肘部管を通った尺骨神経は、手首でギオン管と呼ばれるトンネルを通ります。
そこでの圧迫を受けると薬指と小指にしびれや痛み、感覚異常、運動機能低下を呈します。
肘部管症候群との鑑別は、症状の出ている場所で行います。薬指と小指の手のひら側だけにしびれを呈するのがギオン管の特徴です。

円回内筋症候群

円回内筋は、手の平と甲を交互にする時に肘を回転させてくれる筋肉です。
円回内筋の間はトンネルが出来ていてそのトンネルを正中神経という親指、人差し指、中指に向かう神経が通ります。ここで神経が圧迫されて症状を呈するものが円回内筋症候群です。

手根管症候群

手根管症候群は、手首の手の平側で神経が圧迫されて、親指~薬指の中指側半分にしびれの症状を呈します。
手根管症候群も正中神経が圧迫されることで起こりますが、円回内筋症候群との違いは、症状の出る部位や筋肉の機能低下の差で鑑別していきます。
手根管症候群は聞きなれた名前だと思いますので、しびれ=手根管症候群と思っている方も多くいるようです。
原因が違えば施術方法も変わってきますので、なかなか改善しない方はご相談下さい。
妊婦さんや手首を酷使する人などに頻発すると言われています。

肘の症状

ゴルファー肘

テニス肘(外側上顆炎)

 テニス肘は、バックハンドで傷めやすいことから名付けられました。
本来の傷害名は『外側上顆炎(がいそくじょうかえん)』と呼びます。

肘から先、手までの手関節伸筋群が、上腕骨(じょうわんこつ)の外側上顆という肘の外側に付着します。
この筋肉がテニスのバックハンドの時に多く使われ、傷めやすいことからテニス肘と呼ばれています。
手を握った時や手首を回した時などに肘の外側に痛みがでます。痛みの出方はゴルフ肘と似ていますが痛みを感じる場所が異なります。

痛みが出た場合は、氷で冷やし炎症を抑えるとともにストレッチで柔軟性をつけてあげテーピングで補助してあげます。痛みが強い場合は、無理して使わず安静にしてあげることも必要です。

当院では痛みが出た原因を検査し調整していきます。肘の動きは必ず肩や手首、背骨との連動しますので、身体全体の調整が必要になります。
部分治療では、肘の痛みが消えても他の部分が問題になって繰り返し痛みを起こすことになります。
痛みだけに対する対症療法ではなく根本から改善したい方は当院にご相談ください。

外側上顆炎になりやすいスポーツ
テニス、ゴルフ、野球、やり投げ、水泳、バトミントン、剣道、卓球など

手の症状

ドケルバン症候群

 

治療院情報

327-0002栃木県佐野市並木町1774
0283-22-8881
営業時間:9:00~19:00
(19:00~予約可能)
休院日:日曜日