ギオン管症候群

 

ギオン管とは

肘部管を通った尺骨神経は、手首でギオン管と呼ばれるトンネルを通ります。ギオン管は、豆状骨と有鈎骨鉤、短小指屈筋により形成されるトンネルです。

 

症状について

ギオン管で、尺骨神経が圧迫を受けると薬指と小指にしびれや痛み、感覚異常、運動機能低下を呈します。

圧迫の原因となるのはガングリオンが多いといわれています。その他、職業による影響、長時間の自転車走行など関係するケースが考えられます。

ギオン管症候群と肘部管症候群の違いは、症状の違いです。

ギオン管症候群は、小指と薬指の小指側半分の手のひら側だけに感覚異常がでます。

栃木県佐野市バースデーカイロプラクティックギオン管画像

手の変形は、鉤爪変形を起こし、細かい運動がしにくくなります。

栃木県佐野市バースデーカイロプラクティックギオン管筋力低下画像

肘部管症候群の症状はこちらから

 

当院の施術について

当院では、構造に注目するだけでなく、機能面、エネルギー面、メンタル面に注目してその関係性から原因を追求していきます。

神経圧迫は、圧迫されるとその先の神経支配領域に問題が起こると考えられていますが、圧迫があっても症状を呈さない人もいます。それは、その人のなかでのバランスが取れているからと考えられます。

自転車や職業による圧迫が原因の場合は、そうなってしまう誤作動記憶を調整していきます。脳の誤作動により自然治癒力が低下していることに加えて、神経圧迫が起こると症状を呈したりしますし、神経圧迫があっても自然治癒力が正常であれば症状を呈さないことがあります。そのため、当院では脳の誤作動記憶を調整し、適応状態になるように施術をおこないます。

薬や手術に頼りたくない、またはすでに病院に通院しているが、症状がなかなか改善されず、医師からは神経の除圧、ガングリオン除去等の手術が必要と言われたが手術はしたくないという人がいればご相談ください。

 

はじめての来院される方へ

神経系の調整、脳の誤作動記憶の調整による根本原因にアプローチする調整法をおこなっています。
はじめて来院される方はこちらをご確認の上、お問い合わせください。