胸郭出口症候群(斜角筋症候群、肋鎖症候群、小胸筋症候群)

胸郭出口とは、鎖骨と肋骨周囲を呼びます。
胸郭出口は、腕や手に向かう神経や血管が通る大切な場所で、胸郭出口で神経や血管が圧迫されると、腕や手の痛み、感覚異常、血行不良、運動機能低下などの症状が起こります。
圧迫される部位によって、斜角筋症候群(しゃかくきんしょうこうぐん)、肋鎖症候群(ろくさしょうこうぐん)、小胸筋症候群(しょうきょうきんしょうこうぐん)に分類されます。

 

斜角筋症候群

斜角筋は、頚部から第1、第2肋骨につく筋肉で、前斜角筋、中斜角筋、後斜角筋と3つの筋肉があります。前斜角筋と中斜角筋の間を神経が通るため、斜角筋が異常収縮すると神経絞扼が起こり上肢に症状を呈すると考えられています。

誘発テスト:アドソンテスト

頭部を症状側に回旋させ、大きく息を吸い、止めます。

この時、症状誘発または橈骨動脈の脈が減弱、または消失したら陽性。

 

肋鎖症候群

鎖骨と第1肋骨の間で神経が圧迫されることで症状を呈すると感がえられています。

リュックサックや片側のかばんなどで症状を呈する人もいます。

誘発テスト:コストクラビキュラーテスト

両肩を後方へ引き胸を開きます。あごを胸につけるようにして大きく息を吸い止めます。

症状誘発または橈骨動脈の脈が減弱、または消失したら陽性。

 

小胸筋症候群

烏口突起部分で小胸筋の下を通る神経が圧迫され、症状を呈すると考えられています。

誘発テスト:ライトテスト

肘を直角に曲げ、腕を肩の高さまであげ、胸を開くように腕を後方に引きます。

症状誘発または橈骨動脈の脈が減弱、または消失したら陽性。

 

当院の施術について

胸郭出口症候群は、筋肉による絞扼、骨による絞扼と考えられています。

当院では、斜角筋、小胸筋が異常緊張してしまう原因、鎖骨・第1肋骨に圧迫されてしまう原因を追求していきます。

説明しますと、筋肉が異常緊張してしまうのは、筋肉の緊張と弛緩をコントロールしている神経が興奮しているからと考えます。その神経が興奮するのは、もともと交感神経が優位なのかもしれませんし、ストレスが関係し交感神経を優位にしているのかもしれません。つまり、まずは神経系の調整をおこないます。

筋肉をマッサージして緩めたり、薬で筋肉を緩められたりしたとしても、結局のところ、神経系が興奮していればまたすぐに筋肉は緊張し絞扼を起こして症状を呈することになるのです。

また、神経系が興奮してしまう理由に、脳の誤作動記憶が関係している場合もあります。症状自体を脳が記憶しまっていたり、メンタル的な影響が神経系を興奮させていたり、治療家や医師による情報が関係して誤作動し神経系を興奮させていたりもします。

これらを身体の反応で検査し、誤作動が起こらないよう調整をしていきます。この時、自分の症状がどこに由来するのかがわかることが大切です。詳しくはご来院時に説明します。

 

はじめての来院される方へ

神経系の調整、脳の誤作動記憶の調整による根本原因にアプローチする調整法をおこなっています。
はじめて来院される方はこちらをご確認の上、お問い合わせください。