四十肩・五十肩

四十肩、五十肩は、専門的には「肩関節周囲炎(かたかんせつしゅういえん)」と言われます。
一般的には、四十肩、五十肩といわれていますが、これは40歳~50歳代の人に多い症状だったからです。実際は、30歳でも60歳でもなります。

「肩が上がらない=四十肩、五十肩」と間違われやすいですが、実はそんなに大まかではないのです。

肩が上がらない原因には様々あります。
・筋肉の問題
・関節の問題
・靭帯の問題
・インピンジメント
・神経絞扼
・石灰化
など

上記のものは検査で原因がわかりますが、四十肩、五十肩の原因はわかっていません。

 

四十肩、五十肩と整形外科や接骨院、その他で言われた人でも、しっかり鑑別していけば原因も特定できる場合がありますし、改善の可能性はあります。

是非、当院にご相談ください。

 

原因不明の肩があがらない症状である四十肩、五十肩の経過は、ケアを行わなくても2年くらいで症状が回復してくると言われています。

カイロプラクティックケアを受けている場合、回復が早まると言われています。実際1年~1年半で改善してくるケースが多いです。

 

四十肩、五十肩の症状の経過についてお話していきます。

炎性期(初期~2、3ヶ月)

肩関節に炎症があり、ズキズキした疼くような痛みを感じ、寝ていても痛みで目が覚めてしまいます。

硬縮期(3~1年)

ズキズキした疼くような肩の痛みは感じられなくなってきます。
硬縮期前半は、動かすと痛みが出るので動かすことがつらい時期ですが、この時期から痛くない範囲で少しずつ動かし始めます。
硬縮期後半は、関節が固まってしまい動かす範囲が小さくなってしまいます。関節可動範囲の最終域まで動かすと痛みますが、痛みよりも動かせないことがつらい時期です。
積極的に動かして可動範囲を広げていきます。

回復期(1年以降)

今まで固まっていたものが動かせるようになってきて回復してくる時期です。
この時期に安心してしまうと可動範囲が狭いまま慢性化してしまうおそれがあります。
以前のように動かせるまで改善させていきましょう。

 

簡単に四十肩、五十肩を3期に分けますと、初期は何をしても痛い、中期は動かない、後期は回復に向かうという流れです。必ず改善するのが四十肩、五十肩の特徴でもあります。

 

当院では、改善はご本人の持っている治癒力が重要と考えています。人間の身体は神経系にコントロールされています。その神経系が乱れると治癒力も低下しますし、身体の機能も低下し、肩は異常な機能を呈するようになります。さらには、脳の誤作動、エネルギーバランスも神経系に影響を与えます。

心と身体の両面のバランスを調整し、治癒力を高めるサポートをさせて頂きます。

 

肩が上がらない症状で、四十肩、五十肩と言われて諦めている人は当院に一度ご相談下さい。

 

はじめての来院される方へ

神経系の調整、脳の誤作動記憶の調整による根本原因にアプローチする調整法をおこなっています。
はじめて来院される方はこちらをご確認の上、お問い合わせください。