♦ 坐骨神経痛が改善したクライアント様の声はこちら ♦

 

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛は、腰部から足にかけて走る症状のことを総称的に使うケースが多いです。簡単に言うとお尻、足に症状があったら使われる名前ということです。名前から見てもわかるように「診断名」ではなく「症状名」です。

首痛、肩痛、腰痛、股関節痛と同じですが、坐骨神経痛は「診断名」と勘違いされて、坐骨神経痛と言われたとおっしゃる方もいます。

医師に、「これは首痛ですね」と言われても「わかってるわ!だから来たんですよ。」と言いますよね。しかし、これは「坐骨神経痛ですね」と言われると「あーそうなんですね。坐骨神経が悪いんですね。」となってしまいます。

 

坐骨神経は、腰の4~5番目の神経、仙骨の1~3番目の神経が合わさり形成されます。そして、脛骨神経と総腓骨神経にわかれるため、足先までしびれや痛みを感じます。

 

足先まで神経が行くのは、L4、L5、S1です。

足がしびれる、痛い人には、問診でどこにその症状を感じているか確認し、神経学検査をおこないます。

神経の役割には、運動、感覚、反射があります。

 

腰椎4番が障害された場合栃木県佐野市バースデーカイロプラクティック神経学検査画像

運動:前脛骨筋の筋力低下

反射:膝蓋腱反射の低下

感覚:脛の内側、足の拇趾側に感覚異常

 

 

 

腰椎5番目が障害された場合栃木県佐野市バースデーカイロプラクティック神経学検査画像

運動:長母趾伸筋低下

反射:なし(ハムストリング)

感覚:足の背面、底面に感覚異常

 

 

 

 

仙骨第1神経が障害された場合栃木県佐野市バースデーカイロプラクティック神経学検査画像

運動:腓骨筋低下

反射:アキレス腱反射低下

感覚:小指外側の感覚異常

 

 

 

 

坐骨神経痛の原因は?

「坐骨神経が悪い」とか「坐骨神経ですね」言われることがありますが、それは原因ではありません、ただの結果です。坐骨神経痛になる原因は何があるのでしょうか?

原因と言われる代表格は、「腰部椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症」です。

ヘルニアが神経に触れることで症状が出るとか、神経が圧迫されて症状が出るなんて言われて来ました。その他にも、すべり症、梨状筋症候群、末梢神経絞扼などによって足先までの症状が出る場合があります。また、トリガーポイント、椎間関節症候群によっても下肢に症状を呈することもありますし、糖尿病、腫瘍などの病気によっても足に症状を呈することがあるので、『足の症状=坐骨神経痛』とはならないということです。

 

足の症状についての詳細は下記をご覧ください。

椎間板ヘルニア 脊柱管狭窄症 椎間関節症候群
すべり症・分離症 末梢神経絞扼 トリガーポイント下肢痛
病気による下肢痛
股関節痛 膝痛 足首痛

 

当院の下肢症状への施術

当院では、下肢のしびれ、痛みに対して、痛みの原因を追求していきます。

例えば、右足膝下外側にしびれがある場合、その部位にしびれを出す原因を検査していきます。その原因が特定された場合、そのさらなる原因を追求し治療して行きます。

どうしてそれが起こっているのかを追求していくことで根本的な改善を目指します。

時として、心(脳)の問題が身体に影響していることがあります。

例えば、医者でヘルニアと言われたという記憶だったり、整体で骨盤がゆがんでいると言われたなど、無意識の記憶が影響していることがあります。

「ヘルニア」のスイッチが入っている人のなかには、力仕事をすると症状が出ると思っていたり、手術しないと治らないと思っている人がいます。

このような場合、身体の調整をおこなって反応が陰性になってきても、脳で誤作動しているため症状が改善されないのです。脳の誤作動記憶を調整し、心と身体の関係性(バランス)を整えていく必要があります。

慢性症状、繰り返す症状でお悩みの方は、当院の施術をご検討ください。

治療院情報

327-0002栃木県佐野市並木町1774
0283-22-8881
営業時間:9:00~19:00
(19:00~予約可能)
休院日:日曜日