首こり・肩こり

こり感、重だるさ、違和感をまとめて首こり・肩こりとします。

首こり・肩こりは、パソコン、スマホ、ストレートネック、不良姿勢、視力など様々なが原因が言われておりあげればきりがありません。しかし、それらは全て結果であり原因ではありません。

パソコンをしても首こり・肩こりになる人とならない人がいます。また、ストレートネックでも全く症状がない人もいます。猫背でも同じく症状がない人がいます。

そのため、当院では人間の構造を原因とは考えていません。ゆがみや不良姿勢も結果であり原因ではありません。

また、首こり、肩こりに悩んでいる人のなかには、首・肩の筋肉、押すと気持ち良かったり、効くーっという感覚になったりするため、そこが首こり、肩こりの原因のように思っている人もいます。マッサージ、美容院などで首こってますね、肩こってますねと言われながら押されるのでそこが原因なんだと思い込まされたり、思い込んだりしている人もいます。

そして、いつも首・肩を押して欲しい、強く押して欲しいと思っていたり、自分で毎日押したりして、自分は首こり、肩こりなんだと押せば押すほど脳に学習させてしまっている人がいます。

 

 

当院では、症状の根本的な原因を「神経系」「脳の誤作動記憶」と考えています。

 

「神経系」は、人間の身体をコントロールしているため「神経系の機能低下」がおこると仕事中や家事で身体を使うことが大変になり、身体のどこかに負担が掛かってきます。その負担が掛かるところは正常に機能している筋肉かもしれませんし、関節かもしれません。なぜかというと、神経系の機能低下が起こると上手く働けない筋肉、関節が出てくるため、その代わりをどこかの筋肉、関節がやらなければ身体が動かせないからです。つまり、負担になり痛みや疲れを出しているところは過負荷になっただけで正常なのかもしれません。そこを一生懸命マッサージしたり、施術をしても、一時的な気持ちよさだけしか得られず、根本的な改善にはなりません。

 

また、脳が無意識に誤作動の学習をしてしまっていると、ある刺激が入ってきた時に脳は誤作動の処理をして身体に指令を出してしまいます。すると、身体は誤作動して働くため、症状という結果を招きます。

誤作動処理をしてしまう脳の学習記憶を脳の誤作動記憶と読んでおり、誤作動の処理に関わるものが何かを身体の反応で診て調整をおこなっていき、肩こり、首こりが慢性化してしまった人の改善を図ります。

 

当院の施術に興味のある方、改善したいと本気で思っている方はご相談ください。

はじめての来院される方へ

神経系の調整、脳の誤作動記憶の調整による根本原因にアプローチする調整法をおこなっています。
はじめて来院される方はこちらをご確認の上、お問い合わせください。