トリガーポイントによる下肢痛とは?

トリガーポイントは、筋肉内にできる硬結点で、トリガーポイントができた筋肉の周辺、または離れた場所に症状を感じる特徴があります。腰や股関節の筋肉から下肢へ症状が広がることがあります。

栃木県佐野市バースデーカイロプラクティックトリガーポイント画像   栃木県佐野市バースデーカイロプラクティックトリガーポイント画像2

 

トリガーポイントによる下肢痛を坐骨神経痛と診断され治らなくなっている人がたくさんいらっしゃいます。

トリガーポイントは、神経の絞扼と症状の鑑別方法が異なります。

もし自分もそうかもと思いましたらご相談ください。

Facet Syndromeもトリガーポイントと同じで神経絞扼がないのに下肢症状を感じます。

Facet Syndromeは、関節が原因で症状が広がる特徴を持ちます。

トリガーポイントは筋肉、Facet Syndromeは関節から症状が広がる違いです。どちらも関連痛と呼ばれる、原因部位と異なる場所に症状を呈します。

しかし、どちらも結果でしかありません。

当院では、トリガーポイント、Facet Syndromeの原因を改善させていきます。

はじめての来院される方へ

神経系の調整、脳の誤作動記憶の調整による根本原因にアプローチする調整法をおこなっています。
はじめて来院される方はこちらをご確認の上、お問い合わせください。