椎間関節症候群

 

椎間関節とは

椎間関節は、背骨の椎骨と椎骨の間の後方関節です。腰部の椎間関節は、縦方向に関節ができているのが特徴で、回旋運動よりも前後の屈伸運動を得意とします。

よく腰を回すなんて言いますが、解剖学的「腰」は回しにくい関節なのです。

 

椎間関節症候群とは

椎間関節症候群は、椎間関節が原因で症状を呈する場合を言います。腰椎椎間関節症候群の特徴は、腰を伸展さえた時に腰痛が起こることです。椎間関節内の軟骨が腰椎を伸展させることで挟みこまれて痛みを出すと考えられています。さらに、椎間関節に分布する神経と下肢に分布する神経が同じ神経領域に収束(集まる)することから椎間関節症候群による下肢痛というものも考えられます。

 

椎間関節症候群とヘルニアによる下肢痛の違いとは

これらの違いは、症状部位の検査によって鑑別することができます。

ヘルニアの場合は、神経が直接圧迫されることで、圧迫された神経が分布する下肢に症状を呈します。そして、症状は、痛み、しびれ、感覚異常、運動障害がでます。

椎間関節症候群の場合は、神経が直接圧迫を受けているわけではないので、痛みや感覚異常、運動障害はでないで、しびれる感覚だけを感じます。しびれる部位を触っても感覚異常がないのです。

または、症状誘発の方法によってもことなります。

ヘルニアの場合は、腰を曲げると症状が誘発される場合が多く、椎間関節症候群の場合は、腰を伸展させると誘発される場合が多いです。

 

当院の施術の特徴

当院では、椎間関節症候群に対して、原因となっている神経系の調整をおこなっていきます。

腰を伸展させると負荷が掛かりすぎる原因を探し調整します。また、心の構造にも注目した施術をおこなう場合もあります。脳の中で誤作動をしている場合もあるためです。これは、思い込みではなく、患部には問題ないのに痛みが出るケースです。脳が痛みを記憶してしまい頭の中で症状が誘発されているケースです。これに関わる心の構造をみていきます。昨今では、腰痛の原因は脳にあるという考えがわかりはじめています。

構造異常で腰痛を語ることの限界がわかってきたということです。機能異常、心のバランス、心と身体の関係性などに目が向くようになってきています。

 

慢性症状、繰り返す症状でお悩みの人は、椎間関節症候群性腰痛を心と身体のバランスから診て行きませんか。お気軽にご相談ください。

はじめての来院される方へ

神経系の調整、脳の誤作動記憶の調整による根本原因にアプローチする調整法をおこなっています。
はじめて来院される方はこちらをご確認の上、お問い合わせください。