HOME | こんな症状の方へ | 椎間板ヘルニア

 椎間板ヘルニア

ヘルニアとは、『飛び出す』という意味です。
腰椎椎間板ヘルニアは、腰の椎間板が飛び出したということです。
椎間板ヘルニアと病院で言われたクライアントは大勢います。そのなかで、本当にヘルニアの症状を呈している人は数%です。
 
椎間板ヘルニア|栃木県佐野市にあるWHO基準カイロプラクティック治療院Birthday


上の右図がヘルニアです。椎間板は、線維輪(外側)と髄核(内側)から構成されます。ヘルニアは、線維輪が切れて、そこから髄核が出てくることで起こります。その場合に問題となってくる症状は、圧迫が加わっている神経に沿った下肢症状です。腰痛に加えて下肢症状がある場合は、腰椎椎間板ヘルニアの可能性も考えます。

下肢症状には、
  ・足に電気が走るようなしびれが出る。
  ・足の感覚が左右で違う。
  ・足の力が入りにくい。
   ・デルマトームに沿う。
があります。

椎間板ヘルニアの確定診断には、患者さんの訴える症状と神経学検査、画像検査が全てそろうことが必要です。

画像検査は、MRIが重要です。
レントゲンを撮ってヘルニアですと診断を受けている患者さんが大勢いますが、レントゲンではヘルニアは判断できません。その理由は、レントゲンには椎間板は写らないからです。椎間板の構成成分は、水分とコラーゲン線維なのでレントゲンには写りません。

誰しも加齢とともに椎間板が減少(薄くなる)してきます。椎間板が減少するとレントゲンでは骨と骨の間が狭く写ります。狭く写るということは椎間板 内が飛び出している可能性があるということで椎間板ヘルニアの診断をされてしまうのでしょう。

実際に椎間板が飛び出しているかは、MRIを撮ってみなければわからないのです。

椎間板ヘルニアになりやすいのは、高齢者よりも若者です。若者は水分の多い椎間板をしているため、そこに負担が加わると椎間板の線維輪(外側)が切れやすいのです。激しい運動をしている人、長時間の運転をする人、デスクワークが中心の20~30代の人は注意が必要です。

カイロプラクティックでは、椎間板ヘルニアは相対性禁忌に入ります。
つまり、注意して施術を行う必要があるということです。直接的にヘルニアの起こっている患部へ施術を行うのではなく、ヘルニアになってしまった原因を改善させていくことで椎間板ヘルニアの患部にかかる負担を軽減させていきます。

手術に踏み切る前にカイロプラクティックで改善を狙いたいというクライアント様はご連絡下さい。
当院では、椎間板ヘルニアにならないような身体作りを大切に考えていますので、すでに腰痛で困っている方は足のしびれが出る前にケアすることをおすすめ致します。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
はPCRT研究会参加のためお休みです。
は休院日です。
は14時~19時です。

 

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
は休院日です。
1~3日は変更になる場合がございます。
栃木県佐野市のバースデーカイロのinstagram


 
栃木県佐野市のWHO基準カイロプラクティックBirthdayの口コミ
 
栃木県佐野市のWHO基準カイロプラクティックBirthdayの症例報告ページです。
 
栃木県佐野市のWHO基準カイロプラクティックBirthdayの口コミ
 
栃木県佐野市のWHO基準カイロプラクティックBirthdayが教えるストレッチ集
 
 
栃木県佐野市のWHO基準カイロプラクティック治療院Birthday
 

 

栃木県佐野市のWHO基準のカイロプラクティック治療院Birthday
店名  Birthday(バースデー)
住所

 〒327-0002
 栃木県佐野市並木町1774

受付  9:00~19:00
 (19:00~予約可能)
休院日  日曜 
*セミナー等により変更する場合があります。
 
栃木県佐野市で酸素カプセル入るならBirthday

MENU

  

栃木県佐野市のWHO基準カイロプラクティックBirthdayのブログページ
 
 
WHO基準のカイロプラクティック学校|東京カレッジオブカイロプラクティックの学校説明会