肘部管症候群

 

肘部管とは

肘部管は、靭帯・靭帯性組織(オズボーン靭帯)によって形成されるトンネルのことを言います。肘部管を通る尺骨神経がトンネル内で圧迫を受けると手に症状を呈すると考えられています。

 

症状について

症状は、薬指や小指の部分にしびれや痛み、感覚異常、運動機能低下を呈します。

運動機能低下による特徴的な手の変形は、鷲手変形です。薬指小指が曲がり、他の指が伸びている状態です。

栃木県佐野市バースデーカイロプラクティック肘部管症候群画像

 

肘部管症候群の医学的原因

先天性異常、外反肘、内反肘、習慣性脱臼、腫瘍性病変など

 

当院の施術について

当院では、構造に注目するだけでなく、機能面、エネルギー面、メンタル面に注目してその関係性から原因を追求していきます。

肘部管で圧迫が起こる原因には、まず第1に過負荷が考えられますが、過負荷がかかるということは、肘に原因があるのではなく、身体全体と仕事や趣味等の関係性にあるわけです。

例えば、ゴルフで肘部管症候群になった場合、ゴルフでの身体の使い方だったり、ゴルフでのメンタル、エネルギーが関係し、過負荷になるということです。肩の機能が低下していると代わりに肘が頑張ってくれて負担になってくることがあります。その場合は、肩を施術しなければ肘への負担、そして、手の症状は変わらないということです。

症状部位にばかり注目した施術では改善が思わしくないことがあります。

もし症状部位ではなく、根本的な施術を求めている場合はご相談ください。

 

 

はじめての来院される方へ

神経系の調整、脳の誤作動記憶の調整による根本原因にアプローチする調整法をおこなっています。
はじめて来院される方はこちらをご確認の上、お問い合わせください。