頚椎椎間板ヘルニア

背骨1つ1つを椎骨と呼びます。椎骨と椎骨が積み重なり背骨は形成されています。その椎骨と椎骨の間になるクッションが椎間板です。椎間板が飛び出すことをヘルニアと呼びます。頚椎(首)で起これば頸椎椎間板ヘルニアです。腰椎で起これば腰椎椎間板ヘルニアです。

栃木県佐野市バースデーカイロプラクティック頚椎ヘルニア画像

症状は、腕や手がしびれる・痛む左右の感覚が違う腕や手に力が入りにくい症状です。

多くの頚部痛患者さんがヘルニアと診断されている傾向があるようですが、MRIを撮られていないで診断されている場合があります。
X線画像で椎間板の高さが狭くなっていても、ヘルニアの確定診断にはならないのです。年齢を重ねる毎に椎間板内の水分量が減少するため狭く写るからです。
そのため、症状の部位を確かめ、神経学検査を行って、最終的にMRIを撮り確定診断をする必要があるのです。
もしMRIを撮らずに頚椎ヘルニアの診断を受け、治療を長く受けていても改善がみられない方は、信頼できる整形外科を探し、もう一度診察を受けてみてください。

 

整形外科の第一治療として保存療法が行われます。
鎮痛剤、牽引などから始まり、治り度合いにより神経根ブロック、手術へと進んでいくそうです。

 

当院では、ヘルニアを凹ます目的ではなく、症状改善を図る施術を行っていきます。頚椎椎間板ヘルニアと診断されているため、直接頚椎を触られるのが不安な方もいらっしゃると思いますが、当院では、ボキボキする矯正や首を強く押す施術は行いませんので、不安なく受けて頂けます。

 

では、どんな施術の考え方であり、流れなのかを説明していきます。

 

頚椎椎間板ヘルニアは、ヘルニアが神経を圧迫することで神経症状を呈するといわれていますが、ヘルニアがあり神経を圧迫していても全ての人が症状を呈するわけではありません。また、腕、手のしびれといった症状、筋力低下、反射異常などの神経症状を呈していないのに、首が痛いだけで診断されている方もいらっしゃいます。

つまり、構造的な異常が症状とイコールではない可能性があります。

そして、改善していくためにはどんな場合においても心身のバランス、ご自身の治癒力が症状を改善してくれます。

首に負担が掛かって頚椎椎間板ヘルニアになっているとすれば、その負担を改善してあげなければ再発する可能性が高くなりますし、改善しにくいわけです。

 

施術の流れは、まずはお話を伺いますので、症状部位、症状が強くなる時、弱くなる時など症状について教えてください。その後、症状の誘発検査、神経学検査など必要なものをおこないます。さらには、身体全体の神経系の検査をおこない、首への負担の原因を探していきます。施術は、アクティベータ器を利用して心地よいくらいの強さの振動を与え、神経の調整をおこない、本来の身体の機能を取り戻すように調整していきます。また、神経系の異常には、脳の誤作動も関係してきますので、改善しにくい方やメンタル・思考といった心と身体の関係性に興味のある方には、脳の誤作動記憶の調整もおこなっていきます。

 

このように、心と身体のバランスを調整し、首への負担を減らす身体作りをするとともに、ご自身の持つ治癒力を高め、症状改善を目指していきます。

 

人間の構造面だけに目を向けた治療では効果が期待できない、効果を得られていない方がたくさんいる理由には、人間は構造だけでなく機能面、そして、目には見えないエネルギー面、思考面が身体に影響しているからです。

その人に合った施術を身体の反応を診ながらおこなっていきますので、わからないこと、不安なことがありましたら質問をすぐにしてください。不安を取り除きながら前に進んでいきましょう。

 

上肢症状が改善したクライアント様の声はこちら

 

首・肩の症状が改善したクライアント様の声はこちら

はじめての来院される方へ

神経系の調整、脳の誤作動記憶の調整による根本原因にアプローチする調整法をおこなっています。
はじめて来院される方はこちらをご確認の上、お問い合わせください。