坐骨神経痛・足のしびれ

坐骨神経痛の原因は何?

坐骨神経痛・足のしびれでお悩みの方へ。

一般的に足のしびれ=坐骨神経痛と呼ばれます。

坐骨神経痛は、診断名ではなく症状の名前で、肩こり、腰痛と同じです。坐骨神経に何らかの問題があるかのように病院でも言われますが、実際には神経障害性のしびれでない場合もあります。

足のしびれには、その原因になる障害が本来はあり様々な診断名がつくはずですが、患者さんが知らされるのは坐骨神経痛という言葉だけのようです。

病院で坐骨神経痛と言われ薬や湿布をもらったが一向によくならないと当院へ来院され改善されている方がたくさんいらっしゃいます。このページでは、足のしびれ・痛みに関する原因などを知って頂き、そして自然治癒力でも改善して行く可能性がわかった場合は当院へご相談下さい。

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛は、腰から足にかけて走る症状のことを総称的に使うケースが多いです。簡単に言うとお尻、足に症状があったら使われる名前ということです。名前から見てもわかるように「診断名」ではなく「症状名」です。

首痛、肩痛、腰痛、股関節痛と同じですが、坐骨神経痛は「診断名」と勘違いされて、坐骨神経痛と言われたとおっしゃる方もいます。

医師に「これは首痛ですね」と言われても「わかってるわ!だから来たんですよ。」と言いたくなりますよね。

しかし、これは「坐骨神経痛ですね」と言われると「あーそうなんですね。坐骨神経痛なんですね。」となってしまいがちです。

 

坐骨神経は、腰の4~5番目の神経、仙骨の1~3番目の神経が合わさり形成されます。そして、脛骨神経と総腓骨神経にわかれるため、足先までしびれや痛みを感じます。

 

足先まで神経が行くのは、L4、L5、S1です。

足がしびれる、痛い人には、問診でどこにその症状を感じているか確認し、神経学検査をおこないます。

神経の役割には、運動、感覚、反射があります。

 

腰神経4番目が障害された場合栃木県佐野市バースデーカイロプラクティック神経学検査画像

運動:前脛骨筋の筋力低下

反射:膝蓋腱反射の低下

感覚:脛の内側、足の拇趾側に感覚異常

 

 

 

腰神経5番目が障害された場合栃木県佐野市バースデーカイロプラクティック神経学検査画像

運動:長母趾伸筋低下

反射:なし(ハムストリング)

感覚:足の背面、底面に感覚異常

 

 

 

 

仙骨第1神経が障害された場合栃木県佐野市バースデーカイロプラクティック神経学検査画像

運動:腓骨筋低下

反射:アキレス腱反射低下

感覚:小指外側の感覚異常

 

 

 

坐骨神経痛の原因は何?

「坐骨神経が悪い」とか「坐骨神経ですね」言われることがありますが、それは原因ではありません、ただの結果です。坐骨神経痛になる原因は何があるのでしょうか?

本来の神経性の足のしびれの原因と言われる代表格は、「腰部椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症」です。その他に、末梢神経が障害されて出すしびれ痛みがあります。

腰部椎間板ヘルニアが神経に触れることで症状が出るとか、神経が圧迫されて症状が出ると古い情報では言われて来ましたが腰痛研究の最先端発表では椎間板ヘルニアで神経圧迫があっても症状を呈するとは限らないことがわかってきました。特に、腰痛の原因とは言い切れないことがわかっています。

脊柱管狭窄症は診断名ですが、実際には何が脊柱管を狭窄させているのかによって、○○による脊柱管狭窄と原因があります。椎間板ヘルニアも脊柱管を狭窄する原因の1つです。

末梢神経絞扼による坐骨神経痛は、梨状筋症候群、ハムストリングでの絞扼、腓骨での絞扼、コンパートメント症候群による絞扼など様々あります。

どんな症状があったら神経性なの?

神経が障害されて足への症状が神経性の坐骨神経痛(本来の坐骨神経痛)です。

神経が障害されると上記した運動、感覚、反射が障害されて、デルマトーム領域(神経の走行にあった領域)に症状が出ます。

デルマトームの画像

  • L4神経(腰椎4番と5番の間から出る神経)が障害:足首が曲げにくい、親趾に感覚異常がある、膝蓋腱反射が出にくいといった反応が出ます。
  • L5神経(腰椎5番と仙骨1番の間から出る神経)が障害:親趾があげにくい、足の甲に感覚異常がある、ハムストリング反射が出にくいといった反応が出ます。
  • S1神経(仙骨1番と2番の間から出る神経)が障害:足首が伸ばしにくい、小指の感覚異常がある、アキレス腱反射が出にくい反応が出ます。

 

神経に沿わない神経性の足のしびれもあります。

それが末梢神経障害による足のしびれです。

末梢神経障害による足のしびれ

神経には、中枢神経と末梢神経があります。

中枢神経は、脳と脊髄。末梢神経は背骨から出てからの神経を呼びます。簡単に言うと背骨から出て身体に張り巡らされているのが末梢神経です。

末梢神経は、筋肉の間を走ったり、筋肉を貫通して走ったりしているため、筋肉が硬縮すると神経を圧迫すると言われています。しかし、整形外科の先生のなかには、神経は圧迫されても症状は出ないと言う先生もいます。

 

梨状筋症候群

股関節の筋肉で、股関節を内旋、外旋させるための筋肉です。梨状筋の下を坐骨神経痛が通るため、梨状筋に異常緊張があったりする梨状筋症候群として足に症状を呈すると考えられています。

椎間板ヘルニアとの違いは、症状の出方です。太ももの裏から膝下全体にしびれがでます。

なぜならL4、L5の神経は個別で障害されるけれども、末梢神経の場合はL4~S1が合わさってから障害されるため、障害部位より先全体に症状が出るのが特徴です。

ハムストリングによる絞扼、腓骨での絞扼、コンパートメント症候群による絞扼などもそれぞれに症状の出方を検査することで違いがわかります。

神経性以外の足のしびれ

椎間関節症候群による足のしびれ

椎間関節は、背骨の1つ1つの間にある関節です。椎間関節に問題が起こることで、足に症状があるかのように感じるタイプが椎間関節症候群による足のしびれです。

関連痛と呼ばれ、脳に感覚が伝わる時に関節からなのか足からなのか誤作動してしまっている状態です。

先ほどの神経性と同じようなラインに症状を出しますが、違いは神経症状を呈さないことです。つまり、運動、感覚、反射の異常は出ないということです。症状部位だけで決めてしまうと間違いが起こるということですね!

トリガーポイントによる足のしびれ

トリガーポイントは、筋肉内にできる硬結点で、トリガーポイントができた筋肉の周辺、または離れた場所に症状を感じる特徴があります。腰や股関節の筋肉から下肢へ症状が広がることがあります。

これも関連痛で、筋肉からなのか、足からなのか脳が誤作動してしまっているために感じる症状です。

トリガーポイントによる足のしびれの場合の症状は、神経性と違い神経のラインに沿った症状ではありません。また、運動、感覚、反射といった神経症状を呈しません。

当院へ来院されるほとんどがトリガーポイント性です

小殿筋トリガーポイント説明画像

図は、小殿筋という股関節を支える筋肉です。

この筋肉からの関連痛(痛み、しびれ)が赤い部分に出ます。

どうでしょうか?ご自身の足のしびれと合いますでしょうか?

小殿筋トリガーポイントは、太ももの外側から膝下の外側に症状を呈します。

病院で神経根ブロック注射を何度しても治らないような足のしびれをお持ちの方は、よくご自身の症状と比べてみてください。障害部位と違うところに治療をしていれば治らないのは当たり前です。

それでもまだ注射を打ち続けますか?

 

他にも、お尻周辺だけで膝まで痛みやしびれが無いけど坐骨神経痛と医者で言われている人もいます。

中殿筋トリガーポイント説明画像

どうでしょうか?

こちらは中殿筋のトリガーポイントによる症状です。

他にも、梨状筋や大腿二頭筋などからの関連痛として足のしびれだと感じている方がいらっしゃいます。

そういった方は、椎間板ヘルニアなどの神経性の障害は関係ない可能性が高いということです。

当院の足のしびれ、痛みへの施術

当院では、下肢のしびれ、痛みに対して、痛みの原因を追求していきます。

例えば、右足膝下外側にしびれがある場合、その部位にしびれを出す原因を検査していきます。
病院で椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症と言われている方には、何番目の神経が障害されているのか聞いているか確認します。ほとんどの方が言われていないか覚えていないです。
神経の障害はあるのか、ないのかの検査もします。
当院で施術しても危険がないかをまずは判断してきます。
神経性の問題がある場合は、一度検査に来院して頂きますが、ほとんどの方が病院へ行ってから来院されていますので、当院で施術をしていくか同意を得てから施術をしていきます。
神経性の問題でなければ、椎間関節やトリガーポイントなのか検査していきます。

原因部位がわかった後は、その原因を検査調整していきます。

右足膝下外側に出ている症状の原因が、小殿筋のトリガーポイントだとわかったとしても、小殿筋を押してゆるめたりほぐしたりするのは根本解決にはなりません。
小殿筋のトリガーポイントは何らかの原因によってできてしまったものですから、その原因を検査調整していきます。

筋肉は、神経にコントロールされていますので、神経系の調整をおこなっていきます。より深い原因には、心(脳)の問題が身体に影響していることがありますので、そちらを検査・調整していくこともあります。
当院の詳しい施術については脳の誤作動記憶のページをご覧下さい。

病気による足のしびれ、痛み

最後に、忘れてはいけないのが病気による足のしびれ、痛みです。

最も注意しなければなりませんので、もし持病がある場合や整体・カイロで診てもらうのが不安な方はまずは病院に行くことをおすすめ致します。

病気による足のしびれ、痛みの代表格は「糖尿病」です。

糖尿病は、足首辺りから指先に靴下を履いているかのような感覚異常が起こります。しびれ、痛みというより感覚異常と感じると思います。両足に呈することが多いと言われています。

健康診断で血糖値が高い方や既に糖尿病の既往がある方は、御注意下さい。マッサージや整体でグイグイ押されることのないように注意して下さいね。糖尿病の方は血管が弱くなっている場合がありますので、内出血やその他の傷害が起こるかもしれません。

糖尿病による足の症状の場合は、身体の動作で症状が増減することがありません。腰を曲げたり、反ったり、股関節を動かしたりしても全く症状が変化しない、寝ていても変化しない場合に注意しましょう。

 

 

腫瘍による神経圧迫で神経症状を呈する場合もあります。

腫瘍による神経圧迫の場合は、神経症状がどこに出ているかも重要ですが、それだけでは腫瘍なのかヘルニアなのかの違いがわかりません。腫瘍とヘルニアの明らかな違いは、随伴症状を観察することです。

腫瘍ですと、ダイエットもしていないのに体重が減少して行くことがあります。その他、めまいや食欲不振、慢性疲労など何だかおかしいなという症状が一緒にあるようであれば、まずは病院で検査を受けましょう。早期発見、早期治療が肝心です。時々、癌が見つかるのが恐いという方がいらっしゃいますが、放っておいて手遅れになるほうが恐いと思います。

何もなければ安心しましょう。何かあるはずと原因を異常に探し続けることは健康を害します。医療の限界、自分の置かれた環境の限界も人生です。30年前は亡くなっていた病気が現在は生きられるのも医療の進歩のおかげです。限界を知っていれば今の人生をどう生きれば最高かが考えられるはずです。いつまでも原因追求をせずに自然治癒力を大切にすることを心がけましょう。ご相談ください。

まとめ

足のしびれ、痛みは、何でも坐骨神経痛とされているように感じます。しかし、しっかりと鑑別していけば原因も特定していけますし、改善する可能性はおおいにあることがわかっていただけましたでしょうか?

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症と言われているけど病院では一向に改善がみられないという方は、病院の検査ではわからないものが原因なのかもしれませんね。病院は筋肉を検査しませんからトリガーポイントについて知らない医師もしるかもしれません。当院での施術が不安な方は、病院と併用して頂いて問題ありませんので、足のしびれ、痛みにお悩みで当院が手伝いできることがあればご相談ください。

はじめての来院される方へ

神経系の調整、脳の誤作動記憶の調整による根本原因にアプローチする調整法をおこなっています。
はじめて来院される方はこちらをご確認の上、お問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です