「不安」は悪者なのか?

人生の途中には「不安」になり、

苦しくなったり、慌てたり、ドキドキしたりした経験ありませんか?

 

 

そんな気持ちになりたくないのに無意識的になってしまう。

 

 

あーーもうっ不安め、どっか行け!!!

 

 

 

 

、と「不安」な気持ちを悪者にしていませんか?

 

 

 

不安な気持ちは、「どこか行け」「あっち行け」と思えば思うほど、

 

 

そばにいてくれちゃいます!

 

 

それよりも「不安」は「どこから来ているの?」と原因解明をしていくと

 

 

スーーっと「不安」が消え、落ち着きが顔を見せてくれます。

 

 

例をあげると、

 

 

明日のコンクールでは失敗せず演奏し金賞がとれるか不安だなぁ・・・

演奏大丈夫かな・・・

 

 

頭の中は「失敗しないか」「金賞取れるか」で一杯です。

 

食事をしていても無意識に考えてしまい、なんだかソワソワ。

 

 

この「不安」は

 

「演奏を失敗しないか」

「金賞が取れるか」

 

が表面的にはみえています。

 

 

しかし、裏側には、

 

「演奏を上手にしたい」

「金賞を取りたい」

 

 

2つの「期待」も隠れているわけです。

 

 

一生懸命練習もしてきたし、金賞取れるレベルにまで成長した。

 

 

だからこその「期待」です。

 

 

でもまだコンクールは明日なので「未来」のこと。

 

 

まだ来ない未来のことを考えると「不安」になるわけです。

 

 

そこで、私が不安になっているのは

 

「演奏を上手にして金賞を取りたい」と自分に「期待」しているからなんだ!

 

自分もそのレベルまで成長できているんだな!

 

よし、明日に向けてもう1回練習しておこう!

 

 

不安の原因がわかると、

 

やる気に変換していくことも可能なのです。

 

 

【不安は期待の裏返し】

 

 

そしていざ本番を迎え、コンクール本番が終わると

 

結果はどうであれ、

 

昨日の不安は何かに変わっているのです。

 

心の構造がわかれば、心が変化します。

心が変化すれば、身体も変化します。

 

痛みや症状も同じです。

 

腰痛の根本原因は、こりや骨盤のゆがみ、筋膜の癒着などではなく、

その結果を招く心の構造が関係している場合があるのです。

 

腰痛学会でも腰痛の原因は、「85%が原因不明」

心理・社会的要因(ストレス)が関係していると言っております。

 

当院の施術では

身体をコントロールする「神経系」と

その最高中枢である「脳」の「誤作動記憶」を調整していきます。

 

興味のある方はこちらをご覧ください。

治療院情報

327-0002栃木県佐野市並木町1774
0283-22-8881
営業時間:9:00~19:00
(19:00~予約可能)
休院日:日曜日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です